作られた年数によって価格が変わる

古い建物の場合

古い建物の耐震補強工事をする場合は、相場が170万円近くになっています。
この価格は、全体的な平均額をよりも高額だと覚えておきましょう。
なぜそんなに高い料金を請求されるのかと言うと、工事をしなくてはいけない部分が多いからです。
昔は建物に関係する法律があまり決まっていなかったので、弱い粗材を使ったり丈夫でない建築方法を採用したりしても良いと言われていました。

その方法だと建設する時の料金が安くなるので好まれていましたが、丈夫さが失われるという欠点があります。
ですから昔に建設された建物は、丈夫でない建物が多いと言われています。
それでも、耐震補強工事をすれば強度を高めることができるので安心です。
早く済ませておきましょう。

新しい建物の耐震補強工事

新しい建物というのは、建物に関する法律が変わった後に建設された種類になります。
それらはきちんと耐震性を考えられて建設されているので、地震が来ても崩壊をまぬがれることができます。
ですから業者に耐震補強工事を依頼しても、少しで済むケースが多いです。
130万円前後で終了するので、遠慮しないで業者に任せてしまってください。

元々安全になるよう考えて作られている建物も多いです。
その場合は、100万円で足りることもあります。
耐震補強工事を任せると、かなり高額な出費になってしまうと思い敬遠していた人もいるでしょう。
ですが建物が作られた年数によっては、安い料金で済ませることができます。
まずは業者に相談してください。


この記事をシェアする